投稿

【資金調達ガイド】成長ステージ別の資金調達方法28選!

【PR】
















































【PR】
















★チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

★資金調達の無料診断できます

企業の資金調達は、成長サイクルのステージや財務状態などによって最適な資金調達方法が違います。
成長サイクルやステージというのは見慣れないかもしれませんが、特に難しいものではなく、一般的に次の4つに分類されます。

【1】幼年期・・・起業・創業(ベンチャー)や新事業立ち上げ(スタートアップ)の段階です。
【2】成長期・・・創業から成長して事業規模が拡大、新規顧客やリピーターが増える段階です。
【3】成熟期・・・さらなる規模拡大が望めない、安定している段階です。
【4】衰退期・・・収益が減少する、事業の見直しが必要な段階です。

資金調達する際は、この成長ステージごとに最適な方法を見極めることが大事です。

例えば、会社を興す・起業するという場合、事業の実績はありませんので、実績や財務状態を重視して融資する傾向の銀行融資は難しいと言えます。
一方で、実績がなくても事業内容やビジネスプランが魅力的であれば「先行投資」するエンジェルなどの個人投資家やベンチャーキャピタルが出資してくれる可能性があります.
このように、成長サイクルのステージや企業の状態によって、それぞれ最適な資金調達の方法があります。

続きはこちら⇒