投稿

挫折する資金繰り表 vs. 挫折しない資金繰り表!その違いとは?

【PR】
















































【PR】
















資金繰り表の「歴史」を探り、多くの人が挫折する理由を紐解き、上手に軌道に乗せるやり方も解説しました。

■キャッシュフロー計算書、キャッシュフロー経営の動画

——————————
■神田式・資金繰り表、名付けて「どんぶり大福帳(エクセル)」の無料ダウンロードは公式ホームページから。
⇒⇒⇒公式ホームページ 

■「どんぶり勘定式経営・セミナー動画」はコチラ↓から。

——————————
↓↓↓消費税の関連動画も参考にどうぞ↓↓↓

■「消費税=預り金」は真っ赤なウソ!

■「インボイス制度」の仕組みと本質!

■国が裁判で言った「消費者は納税義務者ではない」

——————————
↓↓↓損益分岐点の関連動画も参考にどうぞ↓↓↓

■自社の「労働生産性」を見つめ直そう!中小企業向けカンタン図解!

■「労働分配率」を「血圧計」のイメージで捉えよう!中小企業向けカンタン図解!

■損益分岐点比率と安全余裕率の中小企業向けカンタン図解!公式(計算式)はもういらない!

■損益分岐点の一番わかりやすい計算方法!中小企業向け

■一番わかりやすい「設備投資の判断基準」!中小企業のための資金繰り実務で使える簡単シンプルな方法!

——————————
↓↓↓中小企業の資金繰り関連の動画も参考にどうぞ↓

■事業復活支援金の概要(図解)

■事業復活支援金の【給付金額シミュレーション】と【売上台帳】のExcelテンプレート無料ダウンロード!

■【新・コロナ融資情報】民間金融機関で無利子、無担保、無保証料、据置5年で3000万円を借りよう!

■図解【コロナ融資】追加融資と借換えを比較シミュレーション!どちらが有利なの?

■【コロナ融資】一本化で返済額が半分になる方法を図解でわかりやすく解説!

■急げ!【コロナ借入】資金繰りで大きなチャンスを掴もう!

■コロナ対策【納税猶予】要点だけをわかりやすく解説!資金繰りが確実に楽になる(法人編)

■コロナ対策!合法的に税金を取り戻す方法【繰戻し還付】(法人編)

●コロナ【納税猶予】【繰戻し還付】どちらを選べばいいの?(法人編)

——————————
↓↓↓国の資金繰り(MMT関連)の動画も参考にどうぞ↓↓↓

■MMT(現代貨幣理論)を「簿記(仕訳)」で検証してみた!

■信用創造は、本当か?ウソか?簿記(仕訳)で検証してみました。

■「預金又貸し説」を「簿記(仕訳)」で検証してみた!

■国債金利が国庫納付金として日銀から政府に返金されているという事実を「簿記(仕訳)」で検証してみたら勘違いしていることに気付いた!

■国債元本は返済不要?「簿記(仕訳)」と日銀ホームページで検証してみた!

■池上彰氏の国債・国の借金・増税の話は嘘なの?コロナ増税の必要性を国の資金繰りから図解で読み解く!

■コロナ増税はかなりヤバい!国の資金繰り「プライマリーバランス」黒字化をわかりやすく図解で解説!

■国の決算書とMMT理論!日本はいつ財政破綻するのか?国の貸借対照表を紐解く!

=======================================
■神田式・資金繰り表、名付けて「どんぶり大福帳(エクセル)」の無料ダウンロードは公式ホームページから。
⇒⇒⇒公式ホームページ 
=======================================
■税務会計についてのお問合せはコチラ↓から。
⇒⇒⇒神田知宜税理士事務所 
=======================================
■著書のご紹介
・世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方(日本実業出版社)

・会社のお金は通帳だけでやりくりしなさい お金が残る「どんぶり勘定」のススメ(あさ出版)

・面白いほどわかる!!会計とファイナンスの教科書 (洋泉社MOOK)

=======================================
■プロフィール
株式会社神田どんぶり勘定事務所 代表取締役
どんぶり経営指南役、税理士、新発田高校卒業、関西大学卒業、1969年生まれ、新潟出身、千葉市在住。

中小企業の資金繰りの悩みをゼロにするお手伝いとして「どんぶり大福帳」導入コンサルティング、セミナー講師、執筆を業とする。

大学卒業後、税理士事務所に勤務。顧問先の社長から「もっと気の利いたアドバイスはできないのか?まったく何の役にも立たないな」と怒鳴られ続けノイローゼに。税理士業界にいる限り、社長との「心の溝」は埋まらないと感じ、税理士会を退会し、税理士業界を一度離れる。

その後、上場会社の経理責任者として中途採用してもらいホッとしていたら、リーマンショックの影響をもろに受け上場廃止に。そこで想像を絶する極限ギリギリの資金繰りを経験し、会社が生き延びるためには決算書や会計の専門知識は何の役にも立たないと絶望。

その時に、先々の預金残高を見えるようにしなければならないと痛感し、独自の資金繰り予測の精度を上げるノウハウを開発。本の出版を機に独立。神田式・資金繰り予測の精度を上げるためのツール「どんぶり大福帳」の導入コンサルティングを開始。

「どんぶり大福帳」を導入した企業からは、「お金の使い方が変わり残高が3ヶ月で130%に増えた」「人件費300万円のコストダウンに成功」「返済額が50%OFFになり3000万円の特別な借入枠を設定できた」など全国から喜びの声が届くようになり、導入実績は500社を超える。趣味は夜の磯釣りと魚料理。
=======================================
■神田式・資金繰り表、名付けて「どんぶり大福帳(エクセル)」の無料ダウンロードは公式ホームページから。
⇒⇒⇒公式ホームページ 
=======================================
■税務会計についてのお問合せはコチラ↓から。
⇒⇒⇒神田知宜税理士事務所 
=======================================
#資金繰り表#キャッシュフロー#簡単エクセル